スキンケア

このままだと肌崩壊?肌荒れがパッとなくなるクレンジングを知りたい人へ

高いクレンジング使っているけど肌荒れするし、
自分のクレンジングの使い方が合っているか分からない
どの商品が自分の肌に合うのよ。。

そう悩んでいる人が多いとおもいます。

実はその悩みって値段が高いクレンジングではなく、

あなたに合ったクレンジングを使えば解決できることをご存知ですか?

ただ高いスキンケア用品を買えばいいとおもい使っていると、

あなたの大切な肌をボロボロにしてしまいます。

そのような最悪な状況をなんとかしたい。
そう思いながらこの記事をかいています。

・正しいクレンジングの選び方、使い方
・原因がわからなかった肌トラブルを解決の方法
・自分の肌にあったクレンジングの種類

この記事を読むことで得られる嬉しいこと
・正しいクレンジングの選び方、使い方を知れる
・原因がわからなかった肌トラブルを解決できる
・自分の肌にあったクレンジングが知れる

ニキビや乾燥で悩んでいる人は、ぜひ読んでみてください。

クレンジングの役割を知ってください

この記事を読むにあたって、
クレンジングの役割を再確認しておきます。

[皮脂,メイクなどの油汚れを落としてくれる]

クレンジングの仕事ってそれだけ?
と思うと思います。

実際、その他の汚れ(ホコリや古くなった角質など)は、
お湯,水で落ちてしまう物なんです。

ですが、
水で油汚れは落とせません。

なのでメイクなどの汚れを落とすには、
油が含まれているクレンジングを使う必要があるんです。

乳化はすべての人がやるべき工程です

クレンジングで顔を洗うときによく聞く言葉が「乳化」です。

他のサイトやテレビで、
「クレンジングの際はちゃんと乳化させましょう」と言われ、
乳化させる理由も知らずなんとなく顔を洗っていませんか?

まず最初に言えることは、
クレンジングの際、乳化は全員必ず行うべきです。

「乳化をするべき理由」
・乳化させないと汚れ(メイク)を落とすことができない
・乳化されていない油はお湯でしっかり落とせない

ということが挙げられます。

まず水と油は混じり合うことはありません。

一時的に油と水をしっかり混ぜます。
すると色が白くなります。これが乳化といいます。

この乳化された油と水が、油を含んでいる顔の汚れ(メイク)になじみ、
一緒に水で洗い流すことができるのです。

下の図だとわかりやすいかとおもいます。

「水と油の関係」
乳化する前
乳化した後

クレンジングが引き起こすトラブル

クレンジングが肌の汚れ(メイク)を落としてくれることは先ほどわかりました。
ですが“クレンジングが肌に良いことだらけ”というわけでもないんです。

まず結論から言うと、
肌に合わないクレンジングを使うと肌トラブルが起きてしまいます

クレンジングは大まかに下のように分けられます

・オイルクレンジング
・リキッドクレンジング
・ジェルクレンジング
・ミルククレンジング
・クリームクレンジング

そして下から上にかけて洗浄力が強くなっていきます。

洗浄力が強いクレンジングが悪いとは言いませんが、
洗う力が強いからこそ、自分の肌の大切なバリアさえも落としてしまう可能性があるんです。
そのバリアが無くなったせいで引き起こされるトラブルは下の内容になります。

・肌が乾燥してしまう
・肌を守るバリアが無くなって刺激を受けやすくなる
・赤みやポツポツニキビができてしまう など。

ただ肌の汚れを落とすためだけに使ったクレンジングが
肌を痛めつけてしまっていたなんて驚きですよね。

自分も肌の油などをしっかり落としたいと思い、
オイルクレンジングを使いました。

ですが、

使って次の日にTゾーン(おでこや眉間,鼻先の部分)に、
小さいポツポツとしたニキビが4,5個ほど出てきました。

原因は、肌のバリアまで落としてしまい肌が弱り乾燥してしまったことです。

無知から始まった最悪のできごとでした。

同じような最悪な肌トラブルをあなたに受けて欲しくないので、
いますぐ、クレンジングを肌に合うものに見直してください。

あなたの肌に合うクレンジングは〇〇です


人それぞれ肌に強い,弱いがあります。
なので、みんな肌に合うスキンケア(クレンジング)は違ってきます。

とても簡単にあなたの肌それぞれに合うクレンジングの種類をお伝えします。

オイルクレンジングーリキッドクレンジング
・洗浄力が強め
オススメな人メイクが厚い人&オイリー肌

ミルククレンジングークリームクレンジング
・洗浄力が弱め
オススメな人乾燥肌,敏感肌

上のように自分お肌に合ったクレンジングを使うことで、

余計な肌トラブルを避けられると共に、
クレンジングの力を発揮しやすくなります。

なので、なんとなくでクレンジングを使っている人は、
今すぐに自分の肌のタイプを知る必要があります。

クレンジングの使い分けもオススメ

人によっては肌のパーツごとに違う性質がある場合があります。

なので、自分お肌を見たときにてかる部分,そうでない部分
を見つけた時クレンジングの種類を分けて使ってみてください。

例えば、

・Tゾーンが少しオイリーに感じる
・その部位(頬や目の下など)は少しつっぱる

・目元を触るとザラザラしている

と感じてる人には、

Tゾーンを洗浄力が強めなオイル,リキッドクレンジングで洗う。
その他の部分位は洗浄力が低いミルク,クリームクレンジングで洗う。

と使い分けてみることをオススメします。

スキンケアのランキングはあまり当てにならない


ネットのスキンケアのランキングだけで買い物をしてる人はやめましょう

クレンジングが肌別に使い分けることと同じように、
自分たちの肌はスキンケアを選びます。

そして全員に言えることは、

「スキンケアは自分の肌を知らないことには始まらない。
自分の肌の特徴,好みを知ってそれに合ったケアをしてあげる」

思いやりがないと、周りから褒められる綺麗な肌は手に入りません

あなたはお医者さん 肌は患者です
正しい措置とお薬(スキンケア用品)を出してあげてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。