ボディケア

カミソリにおすすめはない。肌が弱い人が知っておくべき内容はこれ

一年中、体にあるムダ毛は邪魔で肌をすべすべで綺麗な肌にしたいですよね。
しかも毛を剃るときはできるだけ肌を痛めないようにしなくてはならない試練。

選択肢が多くてどれを買えばわからない。
たくさんあるカミソリの中で肌に優しいものってどれなの?

このカミソリ選びの苦労は買い物のたびに訪れるので、
選ぶ時間が気持ち的にたいへんです。

正直どのカミソリも大きな差は無いんじゃないかと思うほど(本音です笑)

なのでこの記事では、
このカミソリを買っておけば大きな失敗はしないということをお伝えします。

・無難なカミソリでいいから肌が弱い自分にぴったりのカミソリが欲しい
という人にはピッタリの記事です。

毛を剃るまえにまず付けるべきもの

カミソリで毛を剃ったあとってヒリヒリしますよね。
自分もそのうちの一人です。

そんな時は必ずと言っていいほど、
シェービングクリーム(ジェル)を肌につけてください。
肌をすべらせてダメージを抑えるためです。

カミソリの歯は肌に触れながら毛を切っていくんですが、
その際、目では確認できないほどですが、少なからず肌も削ってしまってます。

改めて想像すると怖くないですか?
ただ毛を剃ってるだけなのに、
肌も傷つけてしまってる
なんて。

そんな時に役に立つのがシェービングクリーム

クリームの滑りがカミソリの肌への当たりを弱くしてくれるんです。

ただ、シェービングクリームをつけて毛の処理をしても、
肌のヒリつきを感じる人もたまにいます。

ですが、なにもつけないで肌を傷つけるよりも何倍もマシです。

自分も、ジレットのヴィーナスのカミソリを何もつけずに使用したあとは、
ピリピリ痛みを感じていい気分ではありませんでした。

でも綺麗に毛を剃ることはできたので、
少し満足といったところですね。

買って損はないカミソリ3選

カミソリにおいての持論ですが、
どのカミソリを買っても商品の良さは大きな差は無いと思っています。

例えどんなに肌に優しく毛を剃ることができるといっても、

この脱毛クリームで無駄毛の処理は乾燥肌にはアリ、ナシ??で紹介しているように
カミソリを使うこと自体、

肌を傷つけることには変わりないからです。

「じゃあどれを買っても同じってことじゃん」
と感じると思います。

その意見はあながち間違ってはいません。

ですが、
できる限り肌への思いやりは大切にしたいのが多くの人の望み。

このカミソリならまだ肌へのダメージを抑えられる
というカミソリを買う必要
があります。

なので、
これからカミソリの中でこれを買っておけば
使用後のヒリヒリやダメージを抑えられるという商品を紹介します。

ジレット ヴィーナス スワール 女性用

・アマゾン評価4.2
・5枚の歯が付いてるから剃り残しがあまりない
・ヘッドが動くので肌の曲線に合わせて剃ることができる

シック ハイドロシルク 敏感肌用

・水がつくと美容ジェルが出てきて滑りが良くなる
・スキンガードがあるので肌へのダメージを軽くしてくれる
・敏感肌用というものあって、皮膚刺激テスト済みである

シック Schick ハイドロシルク トリムスタイル

・肌をうるおす成分があり、毛を剃った後に保湿される
・スキンガードがあるので、肌への痛みが少ない
・デリケート部分の毛を処理することができる

受けるダメージをどう減らすかが勝負


ここまで3つのカミソリを紹介しましたが、
どのカミソリも肌がダメージを受けることは確実です。

なので肌を守りながら毛を処理することは大事になってきますね。

・シェービングクリームで肌の滑りをよくする
・カミソリで優しく毛を剃っていく
/p>

上の二つができたところで最後に、
保湿クリームで肌を保湿する

ここまで含めて毛の処理の手順になります。

ケアに手間がかかってしまいますが、

毛を剃った後にカミソリ負けや肌荒れになるより、
シェービングクリームや保湿クリームを使って、

肌に優しく毛の処理をした方が何倍もマシです。

どのカミソリもコスパが良いので、お気に入りのカミソリを見つけてみてはいかがですか??

少しでもこの記事が毛の処理の参考になってくれれば嬉しいです。
最後まで読んでいただきありがとうございました。