スキンケア

実は日焼け止めの正しい塗り方があるの知ってましたか?知ってた人は日焼け知らず

夏になると
自分の綺麗な肌が太陽のせいで

痛めつけられるのが嫌で日焼け止めを塗るかと思います。


ただ、
「日焼け止めを塗っておわりーもう日焼けなんてしなーい」
なんて呑気に考えていませんか?

あのムカつく日焼けを抑えるために、

今回、

日焼けによるシミやほくろに悩んでいる自分が、

できる限り日焼けをせずに、

肌を白くて綺麗な肌に保つ
日焼け止めの使い方をお伝えします。


日焼け対策はスキンケアの中で
本当に苦労しますもんね、、

肌が弱い人、肌に気を使っている人必見です!

日焼け止めの塗り方は何回も使うことが必須

日焼け止めは必ず1日の中で何回もつけてください


理由は、

日焼け止めは汗や時間が経つにつれて
肌を日差しから守る力が弱くなっていくからです。


意外と、


日焼け止めを一度だけ使って、
二回目は無いという人が多々いることを聞きます。


実際に、

外へお出かけしている時の頻度としては
2、3時間に一回が目安


トイレに行った時や、ふと休憩した時などに、
日焼け止めをつけることをお勧めします。

スプレーやパウダーを使うのもあり

「化粧してるから、何回も日焼け止めを塗ることができないよ」


という人は、

スプレータイプ、またはパウダータイプの日焼け止めを使ってみてください。

スプレータイプパウダータイプの日焼け止めなら、

メイクの上からでも、重ねて日焼け止めの効果を得ることができます。

でもデメリットが、、、

肌に直接塗るタイプの日焼け止めより
日差しを防ぐ効果が弱いということ。

なので、

「ちゃんと日焼けを抑えたい!」
という人は、

必ずといっていいほど、こまめに重ね付けをする必要があります。

何回も日焼け止めを塗るのはめんどくさいけど、
綺麗な肌を保つためには仕方ない、、、


日焼け止めの重ね付けはめんどくさいけど、
その手間を省いて肌を痛めてもいいんですか?

自分は嫌なので、

念入りじゃないながらも、
トイレに行った際などに、日焼け止めを重ねて塗ってます。

日焼け止めはシワも防いでくれる?

日差しは思っている以上に強くて
シミを作るだけではなくシワも作らせてくるんです。


日差しが肌に与える影響が、
肌の表面だけではなく


肌の中まで届いて攻撃してきてしまうのが原因。


まとめていうと
日差しを受けると肌が衰えてしまうということですね。

でも、

日焼け止めを重ね付けしてさえすれば、
美に影響を与える

シワ問題を少しでも和らげることができるということです。

肌を守るには日焼け止めを使い続けるべし

日焼けのケアって思っている以上に重要で、

日焼けが及ぼす肌への影響は大きいです。

みんなから綺麗と言われる人は、

自分ら以上に肌のことを考えて対策しているので
少しでも肌が綺麗な人の真似をしていくことが大切だと思います。

シミとかシワって、
できたあとのケアや無くすのが大変だから

少しでもこの記事を見て、
日焼けのトラブルに悩まないようになってくれればと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
それではまた。