健康

『眠れない人必見!』睡眠不足が原因の肌荒れを解消する新事実

最近全く寝れないせいで朝起きると肌荒れが、、
気持ちよくグッスリ眠りたいのにどうしたらいいか分からない

という悩みをこの記事で解決していきます。

睡眠が足りていない人が多いのは今や普通になってしまいました。
この睡眠不足が普通だとおかしいことなのですが、、

誰にでもできるカンタンなことで、
グッスリ寝ることができて、朝起きたときに嬉しくなるような肌にできる方法があります。

この方法を実践しない人はいつまで経っても日中の眠さに襲われてしまいます。

日中に眠さで仕事が集中できない。
朝、肌の調子が悪くて化粧ノリが悪い
ちゃんとスキンケアしてるのに朝起きると肌が荒れている

正しいクレンジングの使い方はこのままだと肌崩壊?肌荒れがパッとなくなるクレンジングを知りたい人へをご覧ください。

・肌荒れを治すための本当に大事な睡眠の取り方
・寝付きを良くするためのやるべき事
・睡眠に関する新事実

肌荒れにはたくさんの原因がありますが、
寝不足、肌荒れを解決したい人に見て欲しい内容となっています。

寝る1時間前が睡眠不足を治す勝負の時間

寝れない人の多くが完全に寝る1時間前をおろそかにしています。

寝る際には頭を休めるためにOFFモードにしなければならないからです。

よく言われてるのが、
「寝れなくなっちゃうから寝る前は携帯やテレビなどの明るい光を見ちゃダメ」

理由は、夜に強い光を浴びると脳が日中と勘違いしてしまいます。なので、23時に寝ると決めたら22時から携帯、テレビを控えた方がいいですね。

好きな人からのLINEを待ちたい気持ちは分かりますが、
そこはぐっと我慢。自分の大事な肌のために携帯は寝てる間だけさよならです。

睡眠不足はホルモンの手助けが必須

夜に寝ている間み成長ホルモンが出ることは多くの人がご存知だと思います。
実はこの成長ホルモンが肌にとっても大切。

成長ホルモンは、骨や筋肉を成長させるだけでなく、
肌の代謝をよくさせたり、体から水分を逃さないなどの力があるからです。

じゃあたくさん寝ればいいって事なの?

と思った方がいるかと思います。
ですが、人によって必要な睡眠時間が違うため、
とりあえず、たくさん寝て!とは言えません。

そんな中、寝る以外にも成長ホルモンを出す方法があります。

日中は軽い運動とともに太陽の光を浴びる


軽い運動はウォーキングやジョギングでOK。
できるならば、外に出て太陽の光を浴びながら体を動かしてみてください。

運動と日光が良い理由

・筋肉を動かすと成長ホルモンが出てくる
・太陽の光を浴びると、睡眠を促してくれるホルモンが出てくる
・運動はストレス発散になる

忙しい人でも、
休憩中やうまく時間を作って外を歩いてみてはいかがですか?
外へ出る際は日焼け止めもお忘れなく。

睡眠不足に大切なのは量じゃなくて〇〇

テレビなどで『寝るときは7時間以上寝ましょう』というフレーズを聞いたことがあるかと思います。
ですが、短い睡眠時間でも大丈夫な人がいるように、必要な睡眠時間は人それぞれです。

ここで伝えておきたいのは、
睡眠の量ではなく深い眠りという質が大切ということです。

深い眠りに入ってるときは、脳も体も休憩モードに入っているため、
体の疲れが回復、ホルモン分泌が行われます。

仮に「睡眠は量がが大切だ!たくさん寝ろ!」と言われて、
何十時間も寝ても、起きた後はスッキリしない感覚に襲われませんか?

それは「その睡眠時間があなたに合っていなかった」ということ。

そして、睡眠は量じゃなく質の方が大切である という意味を表しているんです。

睡眠にゴールデンタイムはない

みんなが口をそろえて言いますよね。
『22時から2時の間は成長ホルモンが分泌されるゴールデタイム』
実はこれは確実な根拠がないことをご存知ですか??

実は、成長ホルモンが分泌されるタイミングは、時間帯ではなく、
眠りについてから少しした深い眠りに変わった時に分泌されやすくなるからです。

確かに今考えると不思議に思いますよね。

朝は起きる。夜は寝る。これは人間の生きるためのサイクルなので変ではないですが、
時間帯によって分泌されるものがあるだなんて、、びっくりです。

なので、これを機に22時から2時の間に寝なきゃいけないという緊張感は、
持たなくても大丈夫です。

ですが、夜更かしして良い理由にはなりませんよ!

睡眠不足だからといって焦らないで


ここまで睡眠不足に関する注意点や解決方法をお伝えしてきました。

最後にこれだけは覚えていって欲しいことがあります。

それは、
不眠症だから、頑張って寝なきゃ!と焦る必要はありません。

この焦りが眠りを妨害してしまう不安材料になってしまいます。
寝る前はリラックスして、
気持ちを落ち着かせてあげてください。

夜はいろんなことを考えてしまう気持ちはすごく分かります。

ですが、先ほど紹介した運動や日光を浴びるという睡眠不足の対策をして、
自分なら大丈夫。寝れる!と大きい気持ちで夜を過ごしましょう

最後まで読んでいただきありがとうございました。