ゆきのススメ

【え?もはや常識?】靴の臭いが重曹でキレイに消すことができるという話

靴の中が蒸れて、嫌な臭いがする。
この嫌な臭いを消せないの?

重曹を靴の中に
全力投球すれば
嫌な臭いを消せるよ!


梅雨や暑い季節だけじゃなくても、

自分の靴から嫌な臭いがして悩んでいる人は多いはず。


しかも、ちゃんと足を洗っているのにも関わらず。

正直言って、何回も何回も靴を洗うだなんて、めんどくさいですよね。

しかも、洗うのがNGな靴だってある。

そんな厄介な靴の臭いの悩みを、

キレイさっぱりにしてくれるのが、


100円均一でも買えてしまう重曹です。

好きなスニーカーや革靴を持っていれば、
毎日でも履いてしまうもの。


その大切な靴を丁寧にケアしていけば、
長く履けるようになりますよ。

重曹が簡単な方法で、あなたの靴の臭いの悩みを解決してくれます。

この記事を見終わった頃には、
嫌な臭いが一切しない大好きな靴と、

一緒にお出かけできる日が来ますね!最高です!

それでは、「重曹を使った靴の嫌な臭いを吹っ飛ばす方法」を紹介しますね。

重曹が嫌な靴の臭いを吹っ飛ばしてくれる理由

重曹が靴の臭いを消してくれる理由は一つ。
消臭効果があるから。ただそれだけです。


本当にシンプルな効果ですよね笑

そして靴から嫌な臭いがしてしまう理由は、肌にいる菌が原因です。

詳しい「体からの嫌な臭いの消し方」については、
下の記事に書いてあるので、ぜひ参考にしてみてください!

脇の臭いが洗っても取れない。なら残るは”あの手”だけです。 誰もが悩んだことのある脇の臭い問題。 この嫌な脇の臭いを、 小学生でも すごく...

あなたの本音としては、

重曹についてのたくさん知るよりかは、

早く靴の嫌な臭いを無くしたいと思うので、
さっそく重曹で靴の嫌な臭いを消す方法をお伝えします。

重曹で靴の臭いを落とす3つの方法


重曹を使った靴の臭いをキレイに消す方法は、下の通りになります。

・靴の中に重曹を直接いれる

・靴箱の中に靴と一緒に重曹をおく

・重曹と水を混ぜたものを靴の中に吹きかける

特別なことは一切しません。
簡単に一つずつみていきましょう。

靴の中に重曹を直接いれる


この方法は自分自身、実際に試した事があります。

手順は以下のとおり。

  1. 重曹を大さじ1杯ほど取り、靴の中に入れる
  2. 靴に入れた重曹を軽く中にすり込ませる
  3. そのまま一日ほど置いておく
  4. 重曹をキレイに取り出す



という流れになります。

重曹の量は少ないより多い方がいいですが、
量が多すぎると、

重曹を落とす時に大変になってしまうので、
注意してください。

実際に試した感想としては、
本当に足の臭いが靴からしなくなりました。

気持ち、靴の臭いがするかな、、?

くらいで気になるような嫌な感じはゼロです!

人によっては、
靴の中の臭いが完全に無くならない思いますので、


定期的に、行った方がいいと思います。

あとは、

しっかり重曹を取り出さないと、
靴を履いた時にザラザラとした感覚に襲われるので、

キレイに、重曹を取り除いてあげてくださいね。

もし、

残った重曹が気になる場合は、


通気性がある、靴下ストッキングなどの中に
重曹を入れて、しばり、靴の中に入れるのもアリです!

それなら、重曹が靴の中に散らばるのを防げます!

(少しだけ重曹が出てくるかも、、、)

靴箱の中に靴と一緒に重曹をおく


先ほどは靴の中に直接、
重曹を入れましたが、


同じ空間の中に靴と重曹を入れるだけでも臭いを抑えてくれます。


やり方は簡単です。


粉のまま靴箱の中に重曹を入れると、
掃除が大変なので、


小さい容器や、さっきと同じくストッキングや、お茶パックなどの中に重曹を入れて、靴箱に置いてあげてください。


そうすることで、靴から出る臭いを重曹が取ってくれます

菌が大好きななのは湿気です。
その湿気を重曹が取ってくれるメリットもあるので一石二鳥ですね。

小さい重曹パックだと足りないと思うので、

同じものを2、3個作り、靴箱の中に置いてあげればいいと思います。

重曹の効果は、
臭いの強さにもよりますが、2、3週間くらいは効果を発揮し続けてくれると思います。

もし、臭いが気になるようだったら、
重曹自体を取り替えてあげることをオススメします。

重曹自体、100円で買えるので大きな出費にならないと思います。

重曹と水を混ぜたものを靴の中に吹きかける

重曹水の作り方は、

よく見かける500mlサイズのスプレーボトルに、

小さじ1杯ほどの重曹を入れて十分に混ぜてください。
(他のサイズでも可)

重曹の量が多すぎると、
重曹の塊がスプレーの吹き出し部分に詰まってしまうかもしれないので気をつけてください。



混ぜ終わった後は、

重曹水を靴の臭いが気になる部分に吹きかけてあげるだけです。

重曹水が悪いところは、
水をかけすぎると靴が濡れてしまい、

次靴を履くのに時間がかかってしまうことです。

ですが、
粉のまま重曹を使うのと、
重曹水との違いは靴の生地への染み込み具合です。

ここまでくると、
洗剤で靴を洗ってもいいんじゃないか
と思うところですが、

それはそれで、
重曹水を使う以上に靴の乾きを待たなければなりません。

「それはハッキリ言って無理!待てない!」

だから重曹水は、

靴を洗うまでは面倒だけど、靴の嫌な臭いを取りたい」

という人にオススメだと思います。

重曹と大切な靴は最強のタッグになる

ここまで、

「重曹を使った靴の臭いをとる方法」を紹介してきました。

それぞれの臭い取りの方法は、
組み合わせもできます。

例えば、

靴箱に重曹を入れておくのは、
今から固定のメニューとしてできるので、


靴の中に重曹を入れる」
「重曹水スプレー」を交互に試してみる。

とういう感じで定期的にやっていけば、

臭いがないキレイな靴でお出かけを楽しめますね

お店には、
靴用の臭い消しスプレーや、
ファブリーズなどが売っています。

それらの商品を買った方がいいんじゃないかと感じるかと思います。

ただ、出費のことを考えたら、
商品1個で,
重曹を何個も変えてしまう
のも事実。

「どうしてもお金を節約して靴の臭いを取りたいんだー!」

とういう方にはおすすめの消臭方法です。

ぜひこの記事があなたの参考になってくれたら嬉しいです。

最後まで読んでくれてありがとうございました。
それでは今日はこの辺で。